第12回 宮津障害者スポーツのつどい


今日は障害者スポーツを体験するイベントに参加しました。
実際にプレイすると、皆が参加できるように工夫されていて楽しく体を動かせました。

宮津市には約500名の身体障害者の方がいらっしゃいますが、登録してイベントなどに参加される方は約100名で、過疎・高齢化や財政悪化などで障害者団体の運営も難しくなっていると伺います。

障害者の皆さんはもちろん市民全体の輪が広がることに微力ながら注力したいと改めて思いました。

NIKKEIプラス1で立岩が第8位!

3月16日(土)の日本経済新聞NIKKEIプラス1の「何でもランキング」は「自然のマジック奇岩を見よう」で、京丹後市の間人(たいざ)にある「立岩」(たていわ)が第8位に入りました。
全国には珍しい岩が沢山あるものだと改めて感心しますが、子どもの頃から絶景だと思っていた「立岩」が選ばれて嬉しいです。

立岩には日本三景 天橋立から車で約40分でアクセスでき、近隣には鳴き砂で有名な琴引き浜や丹後松島、経ヶ岬などの絶景が続きます。
丹後半島から鳥取県までの海岸線は、ユネスコの支援を受けた世界ジオパークネットワークが「山陰ジオパーク」として認定しています。

尚、飛鳥時代に第31代用明天皇の第3皇子・麿子親王(聖徳太子の異母弟)が鬼退治をした時、立岩に鬼を封じ込めたという伝説があり、今でも強風や波の高い夜に鬼の泣き声が聞こえるそうです。

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO42404570T10C19A3W03000?channel=DF290120183394&fbclid=IwAR0LOqJkSi35uL09jByTss02-n3NsGZxv9q44mHA9NY4NHN6xAZVRKAmuPA

ロッキード事件の公判で活躍した宮津出身の堀田力 元検事の講演とフォーラム開催!


ロッキード事件で田中角栄元首相に論告求刑をした堀田力(ほったつとむ)元検事は、現在、高齢社会でふれあい社会の実現を目指す「公益財団法人さわやか福祉財団」の会長を務めていらっしゃいます。
本日は、宮津市の「助け合い・支えあいのある地域づくりフォーラム」で講演頂き、地元の皆さんとのパネルディスカッションでコーディネーターを務められました。
堀田力さんは、幼少の頃、英語教員のお父様が京都市内から旧制宮津中学(現 宮津高校)に転勤となり、金屋谷で幼稚園と小学生時代を過ごされました。
当時の同級生は、フジテレビの尾上規喜 常勤監査役(元副社長)や「ムーミン」「ルパン三世」等のアニメ演出・監督を務められたおおすみ正秋さん達がいらっしゃいます。
http://www.t-hotta.net/

一般質問 財政健全化に向けた取組み▲41億円の検証と増収策の提案

今朝の宮津市内新聞折込に「一般質問のお知らせ」が配布されました。
私は3月4日(月)の3番目(お昼前後)に登壇し、以下の通り質問します。
『財政健全化に向けた取組み▲41億円の検証と増収策の提案』
昨年10月の「今後の財政見通し」ではH31年度から赤字決算の見込みで、5年後に約▲41億円の累損となる。市の「財政健全化に向けた取組み」を検証し、短・中・長期の増収策を提案する。

議長を除く全議員12名の内、今回10名が宮津市政を問います。
一般質問は、議員にとって施策を提案して具現化できる貴重な機会です。
周辺市町と異なり、宮津市にはケーブルテレビやラジオ中継がないので、傍聴できない方はインターネット録画放送をご覧ください。

宮津市農水商工観マッチングフェア


宮津市農水商工観連携会議の主催で、市内の農林水産物や加工品などを扱う17業者が集い、飲食店や旅館業者などを招き、互いの取引拡大や地産地商(消)の取組を推進しました。

新たな食材やアイデア、パートナー事業者を見つける機会に繋がることをお祈りします。

宮津市の財政見通し赤字▲41億円改善策の最終案が発表されました!


昨年10月に公表された宮津市の「今後の財政見通し」で、2024年度決算の累積赤字は約▲41億円です。
本年1月29日に議員全員協議会が開催され、「財政健全化に向けた取組み」中間案の説明を理事者から受けました。

その後、市内各地で市長が説明会を開催し、3月議会初日の2月25日に最終案が議員に配布されました。

人口がほぼ同じでも財政が健全な三重県尾鷲市との比較で始まり、人件費や各イベント補助の抑制などの施策が提示されました。

現在、宮津市の実質公債費比率は20.3%で、全国792市の中でワースト2(1位は夕張市)で、約40年前3万人いた宮津市の人口は1月末時点18,014人となっています。

過去最高の一般会計予算135億円を審査 ~宮津市2019年3月議会~


宮津市の平成31年度一般会計予算案は過去最高の135億円(前年度比14%増)で、特別会計と水道事業を加えた予算案は215億円(前年度比5%増)です。

与謝野町・伊根町と共同で建設中のごみ処理施設負担金16億円、夕ヶ丘団地建替え9億円、災害復旧経費3億円の合計28億円を計上したことが要因です。

しかし、現在、宮津市の「実質公債費比率は20.3%」で、全国792市の中で「ワースト2」(1位は夕張市)です。

本日、公表された宮津市の「財政健全化に向けた取組み」最終案は、2021年度には国から「財政再建団体」に指定される恐れもあり、2024年度決算の「累積赤字が▲41億円」になります。

理事者が作ってきた予算案を否決することは、人件費や行政サービスの延滞を招く恐れあり難しいですが、「宮津市が破綻」しては元も子もありません。

3月27日までの会期31日間で、美辞麗句や精神論ではなく無駄を省いて財政を健全化させる知恵を出したいと思います。


平成31年度予算22億円が可決 ~京都地方税機構議会~


「京都地方税機構」は、京都府と府内25市町村(京都市を除く)の税業務を共同して行い、納税者の利便性向上と公平・公正な税務行政の実現を目指す広域連合です。
主な仕事は、市府民税の滞納整理、法人関係税の課税、軽自動車税のデータ化など共同処理、自動車関係税申告書などの受付です。

本日、京都地方税機構議会2月定例会が開催され、私は宮津市議会を代表して出席しました。(定例会は通常2・8月に開催)
今回は主に平成31年度予算2,245百万円と平成30年度補正予算346百万円が可決されました。

尚、会場のルビノ京都堀川は、2015年秋から半年間放映されたNHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」のヒロイン広岡浅子が育った実家跡の一部です。

平成31年度予算63億円が可決 ~宮津与謝環境組合議会~


1999年に京都府ゴミ処理広域化計画が策定され、2002年から宮津市・伊根町・与謝野町(当時は加悦町・岩滝町・野田川町)による広域処理を開始しました。
現在、燃やすゴミは宮津市清掃工場、資源ゴミの一部は宮津市リサイクルセンター、その他は各市町で処理しています。
これら広域処理施設の管理運営は、各施設を所有する宮津市に対して伊根町と与謝野町が事務委託し、1市2町が事務を共同しています。

本日、同議会の2月定例会が開催され、一般会計予算6,286百万円が全員賛成で可決されました。
尚、本会議前に全員協議会が開催され、新たなごみ処理施設整備の進捗状況と防災対策に関して、事務局から説明を受けました。

無所属クラブの行政視察201902

2月12~14日に以下の通り行政視察をしました。
宮津市を再生する手法の一つ「観光」事業の戦術を学び、活用したいと思います。
1.滋賀県守山市「自転車を活用したまちづくり
  ~ビワイチ・サイクルサポートステーション~」

滋賀県守山市の概要(2019年1月31日時点)
・人口:83,157人 cf.宮津市18千人
・世帯数:32,090 cf.宮津市8千世帯
・高齢化率:21.55% cf.宮津市40%
・総面積:55.74㎢ cf.宮津市173㎢

・2017年度決算:415億円 cf.宮津市120億円
・市税収入:126億円 cf.宮津市25億円
・実質公債費比率:8.6% cf.宮津市20.3%
・議員定数:22人(宮津市14人)
・職員数:448人(宮津市239人)
http://www.city.moriyama.lg.jp/index.html

2.滋賀県長浜市「黒壁を中心としたまちづくり」

滋賀県長浜市の概要(2019年2月1日時点)
・人口:118,437人 cf.宮津市18千人
・世帯数:45,755 cf.宮津市8千世帯
・高齢化率:27.53%(2018年5月) cf.宮津市40%
・総面積:539.63㎢(琵琶湖含む681.02㎢) cf.宮津市173㎢
https://www.city.nagahama.lg.jp/

・2017年度決算:566億円 cf.宮津市120億円
・市税収入:169億円 cf.宮津市25億円
・実質公債費比率:4.4% cf.宮津市20.3%
・議員定数:26人(宮津市14人)
・職員数:1,029人(宮津市239人)

3.岐阜県高山市「インバウンド戦略」

岐阜県高山市の概要(2018年4月1日時点)
・人口:88,566人 cf.宮津市18千人
・世帯数:35,366 cf.宮津市8千世帯
・高齢化率:31.9% cf.宮津市40%
・総面積:2,177㎢(日本一広い) cf.宮津市173㎢
http://www.city.takayama.lg.jp/

・2017年度決算:486億円 cf.宮津市120億円
・市税収入:136億円 cf.宮津市25億円
・実質公債費比率:9.9% cf.宮津市20.3%
・議員定数:24人(宮津市14人)
・職員数:830人(宮津市239人)
・年間観光入込客:440万人(2018年度直近値)
・外国人宿泊客:54万人
・観光消費額:940億円(2017年度)
・経済波及効果:1,994億円

全国高速自動車市議会協議会に宮津市議会も参加!


昨年10月、宮津市議会も全国市議会議長会の「全国高速自動車市議会協議会」に加盟し、本日、第45回定期総会に出席して、ご挨拶しました。

同協議会は全国792市の内326市が加盟し、今般、226市の担当者が出席し、今年度活動結果や次年度活動予定と予算(約7.6百万円)などを協議しました。
尚、会長の衛藤征四郎 衆議院議員(大分県)が来賓挨拶されたあと、国土交通省 道路局 高速道路課の山本巧 課長の「高速道路を取り巻く最近の情勢」について講演を拝聴しました。
京都府北部にとって、「暫定2車線の課題」や道の駅・工業団地・病院と直結する「スマートインターチェンジ」の概況など興味深い内容です。

政治倫理条例の制定と議会力・議員力の向上 ~宮津市議会議員研修会~

昨年11月に宮津市議会議員が逮捕され、12月本会議で「政治倫理に関する特別委員会」を創設、私は委員長に選任されました。
早速、恩師の立命館大学法学部 村上弘 教授の紹介で、本件に詳しい同学部行政法ゼミの駒林良則 教授と12月25日にお会いし、2月5日に宮津市議会議員研修会で「政治倫理条例の制定と議会力・議員力の向上」について講演頂きました。
これから宮津市議会が市民と社会の信頼を回復する分岐点に変えたいと思います。

【資料①②/4】

【資料③④/4】

みやづ市議会だより2019.2(Vol.94)

2月5日に市内各戸へ「みやづ市議会だより 第94号」が配布されました。
今回のトピックスは、12月定例会で可決した災害復旧関連経費862百万円の補正予算や市民と議会の懇談会、常任委員会の視察報告などです。
今回の「議員がお邪魔しました」は「宮津市卓球バレー大会と福祉体験」で、元気な市民団体をご紹介する「ひとこと」は「上宮津21夢会議」の代表 粉川正太郎さんです。

綾部市議会を視察 ~政治倫理に関する特別委員会~


昨年11月の宮津市議会議員逮捕に対し、12月本会議で「政治倫理に関する特別委員会」を設置し、私は委員長に選任されました。
そして、3月本会議までに政治倫理を確立する為、現在、他市の条例などを委員会で研究しています。

今日は2017年度に条例制定した綾部市議会を訪れ、高橋議長・森副議長、議会運営委員会/荒木委員長・種清副委員長にレクチャー頂きました。
ご多忙の中、懇切丁寧にご対応頂き感謝です。

京都府後期高齢者医療広域連合議会2019年2月


京都府24市町の各代表議員が集い、掲題の会議が毎年2・8月に開催されます。
2019年2月の主な議案は平成31年度予算審議で、初日は全員協議会と議員説明が行われました。
尚、2008年から国内の老人保健制度が凡そ以下の通り後期高齢者医療制度に変わりました。
・75歳以上と一定の障害が認定された65歳以上が対象。
・医療費の自己負担は一般10%・現役並み所得者30%
・全ての被保険者から保険料を徴収。
・保険料は原則として年金から天引き。
京都府では全市町村が加入する「京都府後期高齢者医療広域連合」が本制度を運営しています。
http://kouiki-kyoto.jp/index.html