2021(令和3)年3月定例会 議案質疑と追加議案の提案理由説明

本定例会開催前の議会運営委員会に於いて、議長からコロナ禍に対応して質問時間を2016(平成28)年5月の議会活性化特別委員会で申し合わせた「1日程あたり1議員20分以内を目安にする」ことを徹底する旨の発言がありましたが、20分を越える議員が出て、急遽開催した議会運営委員会で長本副委員長と共に調整して再開するハプニングもありましたが…
2021(令和3)年度の予算審議で、私は一般会計4議案と補正予算2件に関して早口で質問しました。
補正予算の「持続可能な観光地域づくり事業」の「戦略策定に向けた体制強化(外部人材配置)6,100千円」に関して、どんな人材なのか?という質問をすると…
「旅行代理店の出身者」だと答弁がありました。
他市に比べると随分遅れていますが、漸く宮津市も民間企業の専門家を使うことが実現して、嬉しいです。
予てから一般質問で提案してきたことが実現したことと、JTBなのか近畿日本ツーリストなのか未だ分かりませんが、私にとっては両社ともにご縁が深く楽しみです。
補正予算の「持続可能な観光地域づくり事業」の「天橋立アクティビティセンターへの地域おこし協力隊員の配置(2名)8,000千円に関して、2名同時に配置する理由、活動概要と定住の可能性を問いました。
更に、産業建設福祉委員会が1年間「所管事務調査」した「6次産業」の政策提言を昨年6月に行い、ジビエ事業に向けた有害鳥獣の解体施設と缶詰製造などに携わる漁師への「地域おこし協力隊」を求め、担当部へ両者を紹介してきたにも拘らず、回答が遅いことを指摘しました。
追加議案「財産の無償譲渡」に関しては以下の通りです。
・旧高齢者ふれあい交流施設(京街道地区のローソンの正面、丹後屋跡地)
・譲渡先:サラヤ㈱[本社;大阪市東住吉区]https://www.saraya.com/
【議案質疑と追加議案の提案理由説明の動画】

宮津市のHPのリニューアルが迫り、定例会の動画も今回からYouTubeになりました。
私はの議案質疑は以下の通りです。
①一般会計:0.47.55 ~ 1.04.19
②補正予算:4.26.52 ~ 4.36.20