京都府へ道路改修の要望書を提出


昨年7月の豪雨で大きな被害を被った「国道178号(宮津市日置~伊根町)」の強靭化と「府道45号線(宮津市皆原~惣)」の整備に関する要望書を宮津市と伊根町の首長以下19名で京都府の山下晃正 副知事と建設交通部 富山英範 部長に提出しました。

3年以上の長期戦になると予想されますが、先ず「辛抱する時期」を確定できるよう一日も早い強靭化と整備を求めていきたいと思います。

鶏口牛後

宮津高校時代の同級生で、秋田大学国際資源学部教授の今井忠男くんと1年振りに会いました。
今から35年前の高校卒業時…
当時、旧帝大や早慶への進学など偏差値至上主義の風潮が強いなか、今井くんは悠然とこう言いました。
‛Better be the head of a dog than the tail of a horse.’
大きな団体で人の尻についているよりも、小さな団体でも頭(かしら)になる方がよい。
そして、鉱山を学ぶには秋田大学が一番良いと。
月日は流れ…
秋田大学鉱物博物館の館長も務める今井くんは、地元新聞社の企画で秋田出身の佐々木希さんの取材を受けるなど大活躍です。

物流改革でまち興し! ~宮津出身のJR九州初代社長 石井幸孝さん~


1987(昭和62)年から2002(平成14)年までJR九州の初代社長・会長を務められた石井幸孝さんは、在任中「デザイン戦略」に注力されました。
工業デザイナーの水戸岡鋭治さんを起用して斬新なデザインの特急車両による他の交通機関との差別化に成功、当初厳しい経営が予想されたJR九州の業績アップの基礎を築かれました。
天橋立駅のある京都丹後鉄道の「くろまつ」「あかまつ」「あおまつ」も水戸岡さんのデザインで、石井さんがデザイン戦略について宮津で講演されたことがきっかけです。

石井さんのお父さんは旧帝国海軍の軍人だった為、子どもの頃に全国の軍港を転々とされましたが、お母さんは宮津のご出身で、現在もご自宅と先祖代々のお墓があって、子どもの頃から年に数回里帰りされます。
今回はお盆の里帰りで、茶六本館、文殊のCafe du Pin、天橋立ワイナリーに於いて宮津の再生についてレクチャー頂きました。
現在、石井さんはNPO法人 福岡城市民の会 理事長を務められ、福岡市の町興しの手法も参考になります。

六道まいり ~あの世とこの世の境~


京都市内のお盆と言えば、「五山の送り火」ですが…
お盆前の8月7~10日に先祖を迎える「六道詣り」があります。
この時期に六道珍皇寺の「迎え鐘」をつくと、先祖が精霊として蘇り、家に帰ってくると信じられています。
平安時代、都の東に鳥辺野(墓地)があり、道中のこの寺で「野辺送り」をしていたことから、この場所が「あの世とこの世の境」にあたると伝わります。

六道珍皇寺には冥界と繋がる井戸があり、小倉百人一首に選ばれた小野篁が冥界を行き来したと言われています。
私も井戸を通って、故人の皆さんとお話してみたい。
京都市内の今日の最高気温は38.2℃…
六道詣りした後、六波羅蜜寺を通って五条大橋まで散策したから、少しは減量できたかも…

京都府後期高齢者医療広域連合議会2019年8月定例会


2019年8月の主な議案は平成30年度決算と令和元年補正予算の審議で、1日は全員協議会と議員説明が行われ、9日に全件可決しました。(賛成22・反対4・欠席3)
【平成30年度】
・一般会計決算:歳入1,164百万円、収支249百万円
・特別会計決算:歳入357,855百万円、収支9,591百万円
【令和元年度】
・一般会計補正予算:33百万円(総額815百万円)
・特別会計補正予算:956百万円(総額348,947百万円)

光秀と玉子の絆展のご案内

来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀に因み、1582(天正10)年から1600(慶長5)年までの宮津城主・細川忠興の妻で光秀の娘・たまことの絆展が開催されます。

人こそ財産いつまでも


今日の大阪の最高気温は36.9℃…
通算13年勤務した街ですが、うだるような暑さは身に沁みます。
最近の社会を賑わす問題、複雑な世界情勢や外交政策、地方の衰退etc.
「何が真実なんやろう?」「最善策は見つかるんかな?」
メディアからの情報で自問自答していても、答えは見つかりません。
そんな時、昔から各業界の最前線で指揮を執られ、現在も様々なことをご教示頂く皆さんは…
私にとって掛け替えのない財産です。

花外楼 大坂城店の床の間に飾ってあった二弦琴
私の亡母は琴と三味線を教えていましたが、今は尋ねることも叶いません。
これで音が出るのでしょうか?
尚、花外楼の本店は北浜にあり、1875(明治8)年に大久保利通・木戸孝允・板垣退助・伊藤博文・井上馨らが会談した「大阪会議」の場所で、その成功を喜んだ木戸が従来の「加賀伊」から「花外楼」に改名を提案し、自ら看板を揮毫したと伝わります。
互いに決裂していた者たちが平和的にまとまり、明治維新の礎を築いた場として縁起が良いとされ、企業の接待や祝い事の場として重宝されています。

大坂城店のご紹介

①よしもとクリエイティブ・エージェンシー元専務取締役 竹中功さん
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E4%B8%AD%E5%8A%9F?fbclid=IwAR22JGYQcN4JxMR9YJvICvKS8OEanT1fehAlF4gYcIOvFh6rZ5U55qr10L8

②JA三井リース 陶浪隆生 元社長(三井物産 元常務執行役員)
http://www.ullet.com/o183262.html?fbclid=IwAR0163sy84Y7fGMCTs6SA4gh5NfbfNMQ6lGZMTkXG8e1h1sGzaJ4X0NeT5U

③テレビ大阪の田中信行 社長(日本経済新聞 前専務取締役)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31049940Y8A520C1TJ3000/?fbclid=IwAR2ITEmO7UF9YuL8oBL7eL3sevb9VYkI2vOBqezOZz7I616FaF5Kw_NS83A

議会だより2019.8.5

8月5日に市内各戸へ「みやづ市議会だより 第96 号」が配布されました。
お盆で帰省される方にもご覧頂けるよう通常より2週間早く作成しましたが、更生のチェックが甘くなったことを反省しています…
今回のトピックスは、6月議会で可決した各常任委員会の所管事務調査に基づく「市長への提言書」です。
(総務文教委員会:インバウンドを中心とした観光、産業建設福祉委員会:空家空地対策)
尚、一般質問の題字「市政を問う」を宮津出身の書家 尾崎邑鵬さんに書いて頂きました。
尾崎さんは日本美術展覧会(日展)の理事など要職を務められています。
最終ページの「ひとこと」で、尾崎さんが主催されている由源社の岩瀬佑子(秀苑)さんに尾崎さんの略歴などをご紹介頂きました。
「議会だより」は宮津市議会のHPでもご覧頂けます。
財政悪化に対応し、前回より従来のカラーから白黒印刷に変更して年間経費を約30万円節減しています。
「読みやすさ」の観点から判断すると…
スポンサーを付けてカラー化する議論を図りたいと思っています。
http://www.city.miyazu.kyoto.jp/www/inside/gikai/dayori/dayori.htm

京都地方税機構議会2019年8月定例会に出席


京都市の最高気温38.2℃と今夏で最も暑い日となりましたが…
年2回開催される京都地方税機構議会の8月定例会に出席しました。
主な議案は正副議長の選挙、第3次広域計画の変更、平成30年度の一般会計決算の認定など全て賛成多数で可決されました。
また、全2名の一般質問がありました。
http://www.zeimukyodoka.jp/index.html
「京都地方税機構」は、京都市を除く京都府内25市町村と府の税業務を共同して行い、納税者の利便性向上と公平・公正な税務行政の実現を目指す広域連合です。
主な仕事は、市府民税の滞納整理、法人関係税の課税、軽自動車税のデータ化など共同処理、自動車関係税申告書などの受付です。

尚、会場のルビノ京都堀川は、2015年秋から半年間放映されたNHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」のヒロイン広岡浅子が育った実家跡の一部です。
http://www.zeimukyodoka.jp/index.html?fbclid=IwAR3IwRjW47y6456s4fjkza07pUGi4oS1I7I0CUgtzUnQ8tX7wz2yRadJhAQ

国道178号(宮津市日置~伊根町)の強靭化促進期成同盟会 総会


昨年7月の豪雨で、日本三景 天橋立の約3km北にある里波見から長江までの国道178号は4日間通行止めとなり、周辺の迂回路についても崩土や路肩決壊が発生しました。
国道178号は、天橋立から海縁に漁船の係留場と住居が並ぶ「舟屋」で有名な伊根町を結び丹後半島の雄大な自然を満喫できる観光道路と住民の重要な生活道路の役割を担っています。

昨年12月に宮津市と伊根町で国道178号(宮津市日置~伊根町)の強靭化促進期成同盟会を設立し、京都府へ要望書を提出しました。
今日の総会は同盟会の決算と予算や決議案などを決めました。
一日も早い強靭化を求めていきたいと思います。

京都府後期高齢者医療広域連合議会2019年8月


京都府26市町村の各議員が集い、掲題の会議が毎年2・8月に開催されます。
2019年8月の主な議案は平成30年度決算と令和元年補正予算の審議で、1日は全員協議会と議員説明が行われました。
尚、2008年から国内の老人保健制度が凡そ以下の通り後期高齢者医療制度に変わりました。
・75歳以上と一定の障害が認定された65歳以上が対象。
・医療費の自己負担は一般10%・現役並み所得者30%
・全ての被保険者から保険料を徴収。
・保険料は原則として年金から天引き。
京都府では全市町村が加入する「京都府後期高齢者医療広域連合」が本制度を運営しています。
http://kouiki-kyoto.jp/index.html

宮津空襲の体験者ビデオが完成!~The pen is mightier than the sword !!~

‘The pen is mightier than the sword!’(ペンは剣よりも強し)
将にこの言葉につきます !!
今夜、昨日の慰霊祭に参列された皆さんへ今朝の新聞記事コピーを配りに行くと…
「教育委員会がビデオを持ってきた!」
と、満面の笑顔でビデオを見せてくれました。
昨日の慰霊祭を取材頂いた「読売新聞」「産経新聞」「京都新聞」の記者の皆さんが教育委員会にも取材頂いたことから、宮津空襲体験者へビデオの配布が始まったようです。
宮津に帰って5年…
過去に繰り延べた負債が露見した財政危機など閉塞感にも苛まれますが、一縷の光明が差す思いです。
各新聞記者の皆さんへの感謝に堪えません。
また、亡父と同い年の空襲体験者の笑顔は私の瞼に今も焼き付いています。
これからも私の宝物になると思います。
私にはまだまだやることが沢山あります。

【新聞記事】
①産経新聞
https://www.sankei.com/region/news/190731/rgn1907310011-n1.html?fbclid=IwAR0paxvHp0WNHAGLG2VrBzvwcSfjeJrRaFu86MFCFxK68FKbhYKOHEXh1NM
②読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/local/kyoto/?fbclid=IwAR0paxvHp0WNHAGLG2VrBzvwcSfjeJrRaFu86MFCFxK68FKbhYKOHEXh1NM

人口減少時代に求められる自治体議会と議員の役割


東京大学大学院 法学部政治学研究科 金井利之 教授をお招きして、掲題に関する講演を拝聴しました。
毎年、京都府北部5市が輪番で研修会を開催し、2町が加わった北部7市町の議員が一堂に会します。
ホスト市議会として、私は凡そ以下の閉会挨拶をしました。

京都府北部7市町の人口は1990年の345千人から現在287千人に減少しています。(29年間で▲58千人)
店舗展開などマーケティングの基礎となる人口30万人を割り込み、経済圏としての貧弱さを現しています。
金井教授の講演は、移民の受入れ・高齢者人口がピークを迎える2040年・自治体の連携など多種多様な問題をマクロ・ミクロ・トレンドの観点から分析されました。
これから各自治体議会と議員は、市民の皆さんと知恵を絞って答えを見つけていかなければなりません。

宮津空襲の慰霊祭2019


一般市民の戦死者15名・負傷者約60名、撃沈された駆逐艦「初霜」の戦死者132名と伝わる1945(昭和20)年7月30日の「宮津空襲」から74年が経ちました。
宮津空襲経験者と和貴宮神社の禰宜さんと2016年から始めた慰霊祭…
市民の被害が最も大きかった「桜山」の防空壕跡で今年も行いました。
高齢化が進む現在、他市町では次の世代に伝える術を真剣に考え、図書館での展示、被災地の歴史立札の設置などを具現化しています。
私は2015年9月議会で「戦後70年に際し宮津空襲の惨状を未来に伝えること」と題して一般質問し、翌年に戦争体験者のビデオ収録にこぎ着けました。
しかし、未だにビデオが公開されていません。
親の知恵や経験を次の世代に伝えること…
戦争を知らない私たちの責務だと思います。

〇2015年9月議会での一般質問 動画
https://www.youtube.com/watch?v=2Ld4qBaxhuQ&fbclid=IwAR3p8myy5JUwrPrpl4K2AG-0nB9EAtp9Jq7bZnJkGzU4QGIPzZ2fUhzfJtM

〇宮津空襲の説明(増田精一さん作成)
https://tangonotimei.com/doc/miyazukuusyu.html?fbclid=IwAR2QW5LK2bzJHGQ1Ro9FViU4wqzn3n-6a90R6MzLgH_ET0zrMuG8ZG5LbLg

〇以下の通り各新聞に掲載頂きました。
①産経新聞
https://www.sankei.com/region/news/190731/rgn1907310011-n1.html?fbclid=IwAR0paxvHp0WNHAGLG2VrBzvwcSfjeJrRaFu86MFCFxK68FKbhYKOHEXh1NM
②読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/local/kyoto/?fbclid=IwAR0paxvHp0WNHAGLG2VrBzvwcSfjeJrRaFu86MFCFxK68FKbhYKOHEXh1NM

蓮(はす)の花を観る会 ~日ヶ谷地区~


日本三景 天橋立から舟屋で有名な伊根町へ向かうトンネル手前の三叉路を左折して2kmほど山間に入ると日ヶ谷地区があります。
この時期は、地元の皆さんが観蓮会を催され、蓮の葉で飲むお酒「蓮酒(象鼻盃)」など珍しい体験ができます。
生憎、別件で出発が遅くなり後片付け中に滑り込みましたが、地元市議会議員の久保浩さんにアテンド頂き、何とか蓮の花を観賞できました。
宮津には「天橋立」以外にも隠れた観光スポットや自然がたくさん眠っています。

松原橋東岸の草刈り ~201907~


松原橋東岸の草刈りは、松原地区の皆さんが毎夏3度行います。
漸く24日に梅雨が明け、昨日の台風一過…
これから猛暑になりそうですが、皆さんも体調管理には十分ご留意ください。