Wind Festa 2019 ~ウインドオーケストラ与謝~

宮津市・与謝野町・京丹後市の高校生から60歳代という幅広い年齢層の吹奏楽愛好者が集まって1989年に結成されたオーケストラは、昨年、創立30年を迎えました。
ほぼ満員の宮津会館で沸き起こる惜しみない拍手…
今年も演奏会を堪能させて頂きました。
~曲目~
第1部
①赤い河の谷間 ②交響組曲「シネマ・トリロジー」~スタジオジブリコレクション~第3楽章「Song‐Finale」 ③吹奏楽のための第一組曲
第2部
①世界に一つだけの花 ②シンクロBOM-BA-YE ③美女と野獣 ④You Raise Me Up ⑤復興

現時点の公債費比率が20%を超え、全国792市の中でワースト2という大変な財政状況になっている宮津市…
2017年に設立50年を迎えた宮津会館は、「文化の殿堂」として大切な役割を果たしていますが、現在、存続が危ぶまれています。
財政健全化は生活費が最優先されますが、文化の灯りを消すことは町の灯りが消えることにも繋がります。
南カリフォルニア大学 ジェイコブ ソール教授は、「芸術や人文学へ投資している国は財政も統制できている」と仰られています。
私たち市民は無駄な資金使途や文化活動の意味など市政を真剣に考えなければならないのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA