京都府庁の桜

「宮津を元気にする会」6年目の政治活動収支報告書を京都府へ提出しました。
毎年この時期は、京都府庁旧本館中庭の桜が楽しみです。
年によって満開、五分咲き…春を実感できる貴重な機会です。
今年は季節外れの雪が舞うこともありましたが、暖冬で満開です。
京都府庁旧本館
明治37年(1904年)に竣工、昭和46年まで65年間に亘り京都府庁本館として使用され、現在も執務室や会議室が利用されています。
創建時の姿を留める現役の官公庁建物としては、日本最古で、国の重要文化財です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/京都府庁旧本館
曇り空でもピンクが映えます。
富士山と桜…
日本人で良かったと心から思います。
今年は新型コロナウイルス対策でお花見どころではありませんが…
ご参考までに「京都府内の桜開花情報」のHPです。
https://www.kyoto-kankou.or.jp/migoro/?mode=sakura

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA