議会から宮津市への政策提言の回答は…

本会議5日目は今年度の補正予算について予算決算委員会委員長報告があり、全員賛成で全件可決しました。
本会議終了後、以下常任委員会の所管事務調査による提言書に対する理事者からの回答に関して合同審査会を開催しました。
・総務文教委員会:「インバウンドを中心とした観光」
・産業建設福祉委員会:「空地空家対策」
合同審査会というとたいそうな響きですが、両常任委員会で所管事務調査を1年間行ってきた期中に市役所の機構改革で所管部署が逆さとなった為、各会派の意見を調整して、両委員会の全議員が集まり理事者と意見交換することにしました。
いざ意見交換すると、理事者との認識のズレは大きいことも浮き彫りになりました。
「議会からの政策提言」に対する運用方法はこれからの課題です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA