静岡県浜松市 「民間活力の導入」

無所属クラブの行政視察3日目は静岡県熱海市から浜松市に移動しました。
「やらまいか!民間発案・提案」というキャッチフレーズをご存知でしょうか?
浜松市は、現在進行中・計画中に拘わらず全事業に於いて民間事業者等の資金・経営能力及び技術的能力を活用した事業発案・提案を募集しています。
「多様化・高度化する市民ニーズの対応」「効率的・効果的な社会資本整備等の推進」「民間事業者等の新たな事業機会創出や投資喚起」を実現する為、「民間活力の導入」に取り組んでいます。
そのノウハウをヒアリングしてきました。
PPPやPFIなど様々な手法の中で「ネーミングライツ」の対象となっている浜松学芸中学校高等学校の歩道橋を視察しました。
6車線の国道にあり、コマーシャル効果はもちろん、この学校へ向かう時に車で通り過ぎる人がいなくなったそうです。
年間20万円(5年間)の費用負担です。
【静岡県浜松市の概要】
・人口:802,201人(2020年2月1日時点)
・世帯:341,422世帯
・高齢化率:27.4%(2019年10月1日時点)
・面積:1,558㎢
・産業別就業人口:①4% ②34% ③60% ④分類不能2%(2015年国勢調査)
・平成30年度 一般会計決算
 ①歳入:304,236百万円、市税:131,831百万円
 ②経常収支比率:89.8%、実質公債費比率:7.4%
 ③市債残高:4,564億円、基金残高:363億円
・議員数:46人https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/
【浜松市の「民間活力の導入」】

【浜松市行政経営計画の実績報告】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA