京都府後期高齢者医療広域連合議会202002

京都府26市町村の議員が集い、掲題の会議が毎年2・8月頃に開催されます。
今回の主な議案は本年度の補正予算(一般会計112百万円・特別会計17,541百万円)と令和2年度予算(一般会計861百万円・特別会計369,214百万円)の審議で、初日は全員協議会と議員説明会が行われました。
2日目の2月7日に一般質問の後、全議案が可決されました。
尚、2008年から国内の老人保健制度が凡そ以下の「後期高齢者医療制度」に変わっています。
・75歳以上と一定の障害が認定された65歳以上が対象。
・医療費の自己負担は一般10%・現役並み所得者30%
・全ての被保険者から保険料を徴収。
・保険料は原則として年金から天引き。
京都府では全市町村が加入する「京都府後期高齢者医療広域連合」が本制度を運営しています。
http://kouiki-kyoto.jp/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA