音楽で宮津を元気にするコンサート Vol.2 ~宮津会館を存続させよう!~


2017年に設立50周年を迎えた宮津会館は耐震工事と空調整備が3億円以上必要で、稼働率は約15%に低迷しています。
昨年9月、「宮津会館を存続させよう!」と宮津出身で世界のジャズ ピアニスト 中村葉子さん※が中心になって市内外の音楽仲間が集まりました。
そして、スタンウエイのピアノで練習できる企画や「中村葉子と米朝一門のおもろい仲間たち」と題した落語とジャズのコラボなどを開催して頂いています。
今回も音を楽しむ2時間があっという間に過ぎました。

昨年、NHKの「欲望の経済史」でも放送されましたが、南カリフォルニア大学 ジェイコブ ソール教授は「芸術や人文学へ投資している国は財政も統制できている」と指摘しています。
宮津の文化の灯りを消さない為に…
民間の資金とノウハウを活用して公共施設の設計・建設費の削減や合理的な維持管理・運営を行うPFI、周辺市町と連携したリースバックなどの方策を行政に働きかけたいと思います。

※2015年の全米さくら祭りに於いて、ワシントンのJFケネディセンターで日本の叙情詩を演奏されました。
http://nakamurayoko.net/?_fsi=HAK9bx3K
会場に展示された宮津焼き
島村佳先生の作品です。
木琴?
珍しい琴?
木のオブジェ?
と思ってたら…
陶器でできています!
http://www.nihon-kankou.or.jp/kyoto/detail/26205be2230133277

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA