関西電力の原発マネー問題の余波が宮津でも…

9月末に明るみとなった関西電力の役員ら20人が福井県高浜町の元助役から計約3億2000万円分の金品を受け取っていた問題…
日増しに原発事業をめぐる闇の深さが浮き彫りになっています。
10月7日、関西電力 宮津技術サービスセンターの受水槽改良工事など京都府北部の工事8件を、今取り沙汰されている福井県高浜町の「吉田開発」が特命発注していたと公表されました。
関西電力全体の真相究明と今後の経営改善を望みます。
そして、一連の問題は関西電力の役員だけではなく、発電所を誘致する地方の浅ましい「集り」(たかり)の構造にもスコープを当てるべきではないかと私は思います。
https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/29371?fbclid=IwAR3ANpRfwSMwdoZAVa2-jvZ-eFbjhMbwmJOqDx1xGKoIuNDuw7laVR7mq2w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA