あんみつ姫 東海道五十三次漫遊記 ゆかた会


宮津おどり振興会の主催で、老若男女の各団体が集いました。
日本舞踊や東海道宿場町の踊りを鑑賞し、江戸から宮津城へ無事到着したあんみつ姫を迎えて、皆で「宮津節」を踊りました。

宮津市議会有志もラストの宮津踊りに参加しました。
暴れん坊将軍の「爺」役を務められた有島一郎さんもびっくり!
迫真の演技と踊りを披露された幼馴染のお母さん
いつまでもお元気です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA