宮津市議会だよりの充実を求めて

「宮津市議会だより」を発行する議会情報化委員会は、昨夏の市議選で新たに委員となった議員の能力向上と経費節減※を目指して、お隣の京丹後市議会事務局を視察しました。
同市の広報誌は全国広報コンクールで毎年入賞し、議会だよりも京都府の研修などで高評価を得ています。
宮津市の議会だよりのマニュアルも2016年に同市を模倣して作成しています。
※京丹後市:¥0.98/頁、年間発行費170万円(年4回)。
https://www.koho.or.jp/contest/zenkoku/2016_result.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA