宮津与謝環境組合議会に初出席

1999年に京都府ゴミ処理広域化計画が策定され、2002年から宮津市・伊根町・与謝野町(当時は加悦町・岩滝町・野田川町)による広域処理を開始しました。
現在、燃やすゴミは宮津市清掃工場、資源ゴミの一部は宮津市リサイクルセンター、その他は各市町で処理しています。
これら広域処理施設の管理運営は、各施設を所有する宮津市に対して伊根町と与謝野町が事務委託し、1市2町が事務を共同しています。
本年11月、宮津与謝環境組合議会議員を務める宮津市議会議員の逮捕・辞職に伴い、私が代行することになり、初めて本議会に出席しました。
現在、1,960百万円を投じて新ゴミ処理施設を宮津市須津の京都縦貫道 天橋立与謝IC横に建設中で、本議会の役割は重要です。
微力ながら職責を全うしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA