行政視察2018 ~宮津市議会産業建設福祉委員会~

宮津市議会の産業建設福祉委員会(常任)は、以下の通り福岡県の3市へ行政視察に赴いています。
しっかり吸収して、宮津市政の実りある「効果」に繋げたいと思います。
①行橋市:「みんなで支えあう福祉のまちづくり条例」
②豊前市:「老朽危険家屋等除却促進事業」
③みやま市:「みやまスマートエネルギー事業」

【行橋市:みんなで支えあう福祉のまちづくり条例】

行橋市(ゆくはしし)の概要
・人口:73,370人(本年10月末)
・世帯:32,650世帯
・高齢化率:28.3%
・面積:70.05㎢
・産業別就業人口:①3% ②32% ③65%(平成27年国勢調査)
・平成28年度 一般会計決算
①歳入:27,807百万円、市税:7,671百万円
②経常収支比率:88.9%、実質公債費比率:5.9%
③地方債残高:19,326百万円、基金残高:10,717百万円
・議員数:20人(定数21)
・主な特徴
福岡県東部に位置し、北九州市から25km、福岡市から65km、大分県中津市から25kmの場所に位置し、ベッドタウン化と自動車産業を中心に人口増加を続けている。
http://www.city.yukuhashi.fukuoka.jp/
行橋市のご担当者から「みんなで支えあう福祉のまちづくり条例」の説明を拝聴しました。
http://www.city.yukuhashi.fukuoka.jp/doc/2014081900027/?fbclid=IwAR0fVowfcyt4hQ64d-Sgh9qXL-pSKv4DhC-8MAzbBUeRGdhHghGAJ2Y88zg
行橋市 地域福祉計画の概要
http://www.city.yukuhashi.fukuoka.jp/doc/2013120200128/files/jyourei_machi.pdf?fbclid=IwAR2oD35CmLYIQKeA0f60c-GarZ-3nmHPh_hI9o39A6Fod7zHLnWfuxpk2L0

【豊前市:老朽危険家屋等除却促進事業】

豊前市(ぶぜんし)の概要
・人口:25,695人(本年10月末)
・世帯:11,794世帯
・高齢化率:35.4%
・面積:111.10㎢
・平成28年度 一般会計決算
 ①歳入:15,975百万円、市税:3,360百万円
 ②経常収支比率:96.4%、実質公債費比率:10.1%
 ③地方債残高:10,405百万円、基金残高:2,490百万円
・議員数:13人
・主な特徴
福岡県東部に位置し、瀬戸内海に面している。
山地が多く自然が豊かで、名水が湧いている所が多い。
自動車部品メーカーの工場などが進出して、アパートや住宅の建設も進んでいる。
http://www.city.buzen.lg.jp/

豊前市の老朽危険家屋解体の補助・固定資産税減免制度
http://www.city.buzen.lg.jp/jutaku/akiya/akiyatop.html

【みやま市:みやまスマートエネルギー事業】

みやま市の概要
・人口:37,681人(本年10月末)
・世帯:14,361世帯
・高齢化率:35.6%
・面積:105.12㎢
・産業別就業人口:①16% ②24% ③57% 分類不能3%(平成27年国勢調査)
・平成28年度 一般会計決算
 ①歳入:18,867百万円、市税:3,683百万円
 ②経常収支比率:89.5%、実質公債費比率:5.2%
 ③市債債残高:16,738百万円、基金残高:9,655百万円
・議員数:17人
・主な特徴
2007年1月に福岡県南部に位置する瀬高町、高田町、山川町が合併して発足。
農業が基幹産業。
https://www.city.miyama.lg.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA