大杉漣さんの逝去を偲んで

俳優の大杉漣(本名 大杉孝)さんが2月21日午前3時53分に急性心不全の為、66歳で逝去されました。
「東京から宮津を元気にする会」の尾上会長のご厚情を賜り、一昨年の2016年11月13日(日)17時に放送されたBSフジ「漣っぽ」の撮影が実現し、同年10月13日に大杉漣さんを宮津へお招きしました。
昼食中、「役者も議員も人気商売で共通している大切なことは何か?」という漣さんの問いに「他者との差別化かな」とお答えしてから、若い頃に劇団でご苦労された貴重なお話を伺うことができました。
楽しいひと時が昨日のことのようです。

また、昨夏は事務所に漣さんの大好物で宮津の「オイルサーディン」と「パン」をお土産に伺うと、社長さん達から至れり尽くせりのご対応を頂き、更なる「宮津での撮影やイベント」をお約束頂いたのですが、残念です。

葬儀は近親者で行われますが、故人のご冥福を心からお祈りしたいと思います。
https://www.mainichi.jp/articl…/20180222/k00/00m/040/142000c

【徳島出身の大杉漣さんに薦められて2016年11月16日に訪れた徳島市の「あそこ食堂」と「わかめうどん」】
淡口だしに生姜のすりおろしが隠し味のようです。

【「漣っぽ」の撮影後に大杉漣さんから頂いたハンカチ】
藍染は、漣さんご出身の徳島の特産物です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA