NPO法人 北近畿みらいの理事会・会員交流会


「北近畿みらい塾」は、人と人を繋ぎ北近畿の未来を拓くことを目的として、2009年に京都府綾部市の四方八洲男 前市長(現理事長)が中心となって京都府と兵庫県にまたがる北近畿12市5町の有志の皆さんが設立しました。
昨年、四方理事長にお声掛け頂き、私も月に一度開催される本会に参加し、理事に就任しました。

今日は、京綾部ホテルで理事会と会員交流会が開催されました。
理事会では、昨年のイベントや留学生ツアー等の活動報告と今年度の収支、来年度のテーマ等を確認しました。
私も地元で推進している「ジャパンタイムス」の「里山資本主義プロジェクト」を紹介しました。
会員交流会では、綾部市「水源の里 古屋」代表 渡辺和重さんと舞鶴市NPO法人「名水の里 杉山」理事長 松岡良啓さんが活動を報告されました。

尚、次回のイベントは以下の通り「観光ガイド交流会」が開催されます。
私は3月議会の本会議とバッティングする為、時間通りに参加することは難しいですが、本会に入会される方がいらっしゃれば、是非ご連絡ください。
・日時:3月20日(火)13:00~16:30
・場所:ハピネス福知山(福知山市内木100)

各市町単独では弱小ですが、皆で連携すれば、各々の自然や産業が大きな力になります。
明日の北近畿地域に夢と希望をのせて…
http://k-mirai.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA