竹中功 株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー(吉本興業) 元専務 ~宮津を元気にする会 講演会Vol.8~

昨今世間を騒がす不倫も、経歴詐称も、データ偽装も、政治と金の問題も、事が大きくなってしまったのは、謝罪に失敗したからだ !
入社以来35 年にわたって吉本興業の謝罪会見を取り仕切ってきた“謝罪マスター”竹中功。
有事が起きてしまった時に、相手に怒りを収めてもらう対処の仕方や、いざという時の謝罪会見の段取りから、平時に準備しておく「特別チーム」「謝罪シナリオ」「コンプライアンス研修」、日ごろの人脈づくりまで全てのビジネスパーソンが知っておきたい「謝る技術」を実際の失敗例・成功例を豊富に交えて、余すところなく伝授します。

・演題:「よい謝罪 謝る前にやることは山ほどある」
・日時:2018年1月22日(月)18:30~20:00
・場所:みやづ歴史の館2Fホール
・料金:¥1,000.(高校生以下は無料)

【竹中功さんとの懇親会】
・日時:2018年1月22日(月)20:30~22:30
・場所:レトロカフェ長久堂(宮津市万町635)
・会費:¥2,000.
 ※講演会に出席できない方は+¥1,000お願いします。
 ※前日以降のキャンセルはキャンセル料¥1,000頂きます。
・ご参加頂ける方は1月20日(土)迄にお願いします。
 ※e-mail:khoshino@k5.dion.ne.jp、TEL・FAX:0772-22-4620

【竹中功さんのプロフィール】
・1959 年大阪市生まれ。
・同志社大学法学部法律学科卒業、同志社大学大学院総合政策科学研究科修士課程修了。
・吉本興業株式会社入社後、宣伝広報室を設立し、月刊誌「マンスリーよしもと」初代編集長を務める。
・お笑い芸人の養成学校、吉本総合芸能学院(よしもとNSC)の開校や、プロデューサーとして心斎橋筋2 丁目劇場、なんばグランド花月、ヨシモト∞ホールなどの開場に携わる。
・沖縄映画「ナビィの恋」、香港映画「無問題」「無問題2」の製作。
・河内家菊水丸、バグダッド、モスクワ、平壌公演などをプロデュース。
・「吉本興業百年史編集室」「創業100 周年プロジェクト」などを担当し、コンプライアンス・リスク管理委員、よしもとクリエイティブ・エージェンシー専務取締役、よしもとアドミニストレーション代表取締役などを経て、2015 年7 月退社。
・ニューヨーク・ハーレムでの生活を経て、現在は広報や危機管理のコンサルタントなどを行う。

【著書】
「よい謝罪 仕事の危機を乗り切るための謝る技術」(日経BP社 2016年)
「わらわしたい 正調よしもと 林正之助伝」(KKロングセラーズ 2017年)など

【竹中功さんと私の出会い】
1996年5月、吉本興業と大阪の長堀通商店街が中心になって第三セクターのラジオ局「エフエムちゅうおう」を設立された折、工事中の建設現場で竹中さんとご一緒に仕事をさせて頂きました。
竹中さんはラジオ局長を退任した後、吉本興業の役員に就任、新たな事業を多数立ち上げ、今の総合エンターテイメント会社への変革を進められました。
2014年5月、宮津で行われた北前船フォーラムで15年振りに竹中さんと再開、講演を依頼し、今般実現しました。

【皆さんのご参加をお待ちしています!】
1月14日(日)の新聞折込に本チラシを宮津市内に配布していますが、市外の方も奮ってご参加ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA