2019年3月期決算から赤字!~宮津市の財政見通し~


宮津市議会12月定例会最終日は、追加議案を含め全件可決して終了しました。
本会議終了後、議員全員協議会が開催され、理事者より以下の説明がありました。
①今後の財政見通し
②平成30年度国民健康保険の都道府県単位化(保険税試算結果等)
③広域ごみ処理施設整備(宮津与謝環境組合)に係る事業費
過去の借入返済と主に広域ごみ処理施設整備(宮津与謝環境組合)の分担金や公共施設の更新で、2018年度(2019年3月決算)から「赤字決算」となり、その後、「累積赤字」が雪だるま式に増加する見込みです。
市税収入が約25億円の宮津市にとって、新たな事業の採算確保や無駄を省き、税収の回復などの抜本的な改革が至上命題です。
【累積赤字額見通し(単位:百万円)】
2019/3期▲547、2020/3期▲1,083、2021/3期▲1,741、2022/3期▲2,710、2023/3期▲3,651

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA