補正予算「微生物が分解する有害鳥獣の処理施設」57百万円を導入

9月9日の産業建設福祉分科会に於いて、農林水産課所管の「有害鳥獣対策事業57百万円」について質問と討議に約3時間費やしました。
導入機器の事前説明がなく、9月6日の議案質疑で4議員が取り上げ、議会の運営上、重複する発言を調整できなかったことが反省されますが…
先ず、機器のカタログで理事者から説明を受け、岡山県和気町など他市町での実績と安全性を検証しました。
そして、上宮津の保管所設置など地元の調整経緯を聴取し、拙速が招いた反省点と今後の話し合いを意見しました。




(有)芹沢微生物研究所のHP
http://serizawa-biken.com/
(有)芹沢微生物研究所の特許内容
http://www.ekouhou.net/disp-applicant-599035122.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA