宮津市議会議員の政治倫理条例を制定

昨年11月に宮津市議会議員が逮捕され、12月本会議で「政治倫理に関する特別委員会」を創設、私は委員長に選任されました。
3月議会最終日に「宮津市議会議員政治倫理条例」の制定と「宮津市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正」を発議し、全員賛成で可決されました。
条例の概要は以下の通りです。
1.政治倫理条例の制定(全14条)
①公職選挙法、政治資金規正法や地方自治法などの規定遵守に加え、6項目の政治倫理基準を明確化した上で、議員が条例遵守することを宣誓し、違反した場合には、議員本人が疑惑解明責務を負うこと。
②政治倫理規準に違反する疑いがある場合、議長に対する市民と議員の「審査請求権」を以下の通り定める。
・市民:有権者の1/50以上の連署。
・議員:定数の1/7以上かつ2会派以上の連署。
そして、この条件が満たされれば、議員及び学識経験者の中から、議長が指名又は委嘱する6人で「宮津市議会議員政治倫理審査会」を設置して、審査する。
③同審査会が違反を認めた場合、審査対象議員に対する「議員辞職」「役職辞任」「出席自粛」の勧告などを求める報告を議長に行い、議長が審査結果を公表した上で、議会は審査会報告を尊重した必要な措置を講じること。
2.議会基本条例の一部改正
同条例の第18条に「議員の政治倫理に関することは別に条例で定める」という1項を加えること。
3.議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正
議員が刑事事件で処分を受けた場合、「議員報酬や期末手当の一時差し止めと不支給」の規定などを加えること。
これは、おそらく京都府内で政治倫理条例を定める7市の中でも初めての条項となります。
これから膿を出して、宮津市議会が市民と社会の信頼を回復する分岐点に変えたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA