業界団体との市民と議会の懇談会2019

地区毎に年2回開催されてきた従来の一方的な「議会報告会」を、2017年7月からディスカッション形式の「市民と議会の懇談会」に改めました。
そして、年2回の内1回は、総務文教と産業建設福祉の各常任委員会が「業界団体」と意見交換する方式に変更しました。
今年の産業建設福祉委員会の所管事務調査は「空家空地対策」で、今般、「宮津市自治会連合協議会」と約1時間半に亘って意見交換しました。
宮津市の空家件数は687件(2018年3月末時点)で、先ず地域ごとの状況と問題点など概況を伺いました。
本年6月に所管事務調査の結果を市の理事者へ伝え、政策提言に結び付けたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA