第11回きざはし会展

本会は日本工芸会の会員による工芸展で、今年も10月26日(金)~30日(火)の4日間、「ちいさな美術館」清輝楼の3F大広間で開催しています。
今年の出品作品は、染織の伊藤愛一郎、津田昭子、細見巧、宮入映の各氏4名です。
また、賛助出品作家は、京都府指定無形文化財「陶芸」保持者の木村盛伸、染織作家の小倉淳史、人形作家の島田耕園の各氏3名です。
「七宝焼き」と「植物染」の講座、きざはし会員のギャラリートークが開催されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA