宮津祭 2018.3.13~15


今年も約400年前から伝わる宮津祭が3日間行われました。
初日の準備は激しい雨で幟を明朝立てることになりましたが、午後から神楽と浮太鼓が各担当の町内を練り歩き、3日間の宮津祭が始まりました。

14日₍日₎は天候が回復し、市街地に浮太鼓が響き神楽が舞い、午後8時からは宵宮祭が厳かに行われました。

15日₍月₎は「神輿」「子ども神輿」「神楽」「浮太鼓」が市街地を巡行し、祭囃子に街が包まれました。
亀ヶ岡は歩行者天国になり、屋台が軒を連ねました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA