北前船 荒波に向かう由良の船乗りたち ~紙芝居~


休館となって11年になる宮津市歴史資料館が5月20日(日)までの期間限定で再開し、企画展「宮津城下町と北前船」が無料で見学できます。
今日は、15歳の少年が北前船の航海で社会について学ぶお話を紙芝居作家の森山道子さんが約1時間に亘り上演されました。
また紙芝居の上演後、4階の歴史資料館に場所を移し、学芸員の河森さんが展示品を分かりやすく説明されました。

現時点、歴史資料館の入場者数累計は300人弱です。
一時開館終了後も「北前船」企画は続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA