一般質問 財政事情の悪化に対する有効な人事戦略等の行政改革を尋ねる

3月2日の宮津市内新聞折込に平成30年度第1回(3月)宮津市議会 定例会の「一般質問のお知らせ」が配布されました。
私は3月5日(月)の3番目(お昼前後)に登壇し、以下の通り質問しました。

『財政事情の悪化に対する有効な人事戦略等の行政改革を尋ねる』
昨年末の「今後の財政見通し」では、次年度から赤字決算となり、5年後に約▲36億円の累積損失となる。難局を乗り切るために活力・知恵・成果が出る人事戦略等の行政改革を問う。
【動画】
https://www.youtube.com/watch?v=hOzJbSQu6jM&feature=youtu.be

全市議会議員15名の内、今回12名が宮津市政を問いました。
一般質問は、施策を提案して具現化できる貴重な機会です。
各議員が行う一般質問の傍聴に是非お越し頂き、宮津市の現実と将来を考察してください。
周辺市町と異なり、現状、宮津市にはケーブルテレビやラジオ中継がないので、傍聴できない方はインターネット録画放送をご覧ください。

【一般質問の原稿】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA