宮津市議会議員の定数削減と報酬に関する要望書


今朝の京都新聞と毎日新聞の地元欄に掲載されましたが、昨日、商工会議所や自治会、観光協会などの会長で組織する「これからの宮津市議会を考える会」から12月議会の定例会に掲題の要望書が提出されました。
現在の定数16から「12~14」と月35万円の報酬を再考する内容です。
これに対し、本日から議会活性化委員会で検討が始まりました。
先日、改選まで1年となった福知山市と舞鶴市では民意の聴取など相当な時間を要して議員定数を削減しています。
宮津市の次回改選は来年6月に迫っていますが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA