宮津市議会 産業建設福祉委員会の行政視察 2017

台風一過と共に木枯らし1号が吹いた東海地区を以下の施策について訪問しました。
30日:愛知県大府市「ウェルネスバレー構想」
31日:愛知県刈谷市NPOまちづくりかりや「バリアフリープロジェクト」
   愛知県豊明市「障害者福祉」わーくはぴねす農園あいち豊明ファーム
1日:三重県いなべ市「いなべの集落農業組織づくり推進支援事業」


愛知県大府市「ウェルネスバレー構想」
「ウエルネス」とは、生活科学として運動を適宜日常生活に取り入れながら、健康的に日々の暮らしを送ろうと言う主旨で提唱された概念です。
大府市と東浦町は、H20年度に「ウェルネスバレー基本計画」を策定し、健康・長寿に関する研究機関や施設が集積した「あいち健康の森とその周辺地区」を健康長寿の一大拠点形成を目指しています。
ウェルネスバレー推進協議会を中心に産業界・行政が連携し、健康づくり、医療、福祉、農と食、新産業育成など様々な分野で先駆的な取組を推進しています。
https://www.city.obu.aichi.jp/category_list.php?frmCd=15-7-0-0-0
【愛知県大府市の概要】
人口91,384人(内、外国人2,315人)、高齢比率21%、面積34K㎡、歳入29,359百万円、内 市税18,376百万円、公債費率0.3%、議員数19人。
産業別人口(H27年度国勢調査):①2% ②40% ③55% その他3%


愛知県刈谷市NPOまちづくりかりや「バリアフリープロジェクト」
刈谷市中心市街地に於ける賑わいの創出・地域コミュニティの醸成・地域文化づくりに関する事業を行う一環として、ことにより、地域の活性化に寄与することを目的とする、刈谷市初のまちづくり会社です。
【愛知県刈谷市の概要】
人口150,843人、高齢比率21%、面積50K㎡、歳入57,450百万円、内 市税33,311百万円、公債費率3.0%、議員数28人。


愛知県豊明市「障害者福祉」わーくはぴねす農園あいち豊明ファーム
本施設は、㈱エスプールプラス(東京本社、持株会社がJASDAQ上場)が運営し、現在、全国の大企業17社が区画を賃貸し、43名を雇用しています。
企業は、当初ビニールハウス施設等に約10百万円を投じ、運営費用として月当たり@17万円の人件費を支払います。
収穫した農産物は、本社で福利厚生として社員に販売しています。
豊明市は、企業誘致を推進することに専念し、補助制度3百万円を提供しますが、事業のリスクは取りません。

宮津市が6年間で5.7億円投じて遂行した「竹事業」と異なり、本事業は本来の行政のあるべき姿だと思います。
尚、8年前に豊明市議会議員が新聞で千葉の「わーくはぴねす農園事業」を読み、視察して一般質問で市長に説明したことから、同地でも本事業が実現しました。
https://plus.spool.co.jp/service/support02.html
【愛知県豊明市の概要】
人口68,816人、高齢比率25%、面積23K㎡、歳入21,731百万円、内 市税10,587百万円、公債費率2.3%、議員数20人。
産業別人口(H27年度国勢調査):①1% ②36% ③56% その他7%
尚、同市には永禄3年5月19日(1560年6月12日)の桶狭間の戦い古戦場があります。


三重県いなべ市「いなべの集落農業組織づくり推進支援事業」
農業従事者の高齢化、耕作放棄地の増加、若者の地域・農業離れ等を解決する為、将来の集落農業ビジョンを示す独自の仕組みを形成するもので、2004年から膝づめ座談会、翌年から集落支援を開始しました。
集落の合意により「集落協定書」と「人・農地プラン」を締結します。(三重県内76集落中1位)
http://www.city.inabe.mie.jp/shisei/keikaku/inabebrand/1002237.html
農林水産省のHPに「人・農地プランの取組事例」としても掲載されています。
http://www.maff.go.jp/j/keiei/koukai/plan_jirei.html
【三重県いなべ市の概要】
人口45,721人、高齢比率25%、面積220K㎡、歳入25,930百万円、内 市税8,240百万円、公債費率9.4%、議員数20人。
産業別人口(H27年度国勢調査):①3% ②46% ③51%
2003(平成15)年、4町が合併し市政施行。

cf.宮津市の概要
人口18,378人、高齢比率40%、面積170K㎡、歳入12,189百万円、内 市税2,564百万円、公債費率19%、議員数16人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA