宮津が生んだジャズ ピアニスト 中村葉子さんの録音現場が見学できます!


2015年の全米さくら祭りに於いて、ワシントンのJFケネディセンターで日本の叙情詩を演奏された世界のジャズ ピアニスト 中村葉子さんが生まれ故郷の宮津会館で以下の通りピアノ録音見学会を開催されます。
・日程:10月3日(火)・4日(水) の2日間
・時間:16:30~17:00 録音見学会、17:00~17:30 懇親会
・参加費:無料!
http://nakamurayoko.net/

【本イベントの経緯】
今年で設立50周年を迎えた宮津会館は、空調施設が故障して夏冬の使用が減り、通年の稼働率は約15%で、耐震補強も必要です。(現IS値0.23、標準0.6以上)
「空調改修は50百万円以上、耐震工事に約2億円を要する」「今後の島崎公園一帯の整備は、昨年3月に策定した公共施設等総合管理計画(使用率が低い施設の廃止や複合化等を視野)に従って判断する」と、市がコメントしています。
「宮津会館の窮状」を中村葉子さんにお伝えしたところ、最近のミュージックホールでは珍しく天井が高い宮津会館の構造は、スタインウェイのピアノを生で聴ける最高のシチュエーションで、一定期間の練習で使用し、市民の皆さんに見学やふれあいの場を設けること、更に知り合いの音楽関係者を紹介することも可能だと、ご回答頂きました。
そして、早速、自費で今回のイベントを開催して頂きました。

本イベントが宮津の文化の殿堂「宮津会館」を守る魁になることを念じて止みません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA